阪神淡路大震災から20年。

日本には活断層も多く、いつ、どこに地震が来てもおかしくありません。

大地震の際、事業が継続できるかどうかは、日頃からのリスク管理にかかっています。

地震が発生した場合でも、最低限の事業が継続できるようにしておきましょう。

会社に関わる情報は、できるだけ紙ではなくデータにして、クラウドやデータセンタに保管しておきましょう。紙は火災で焼けてしまいます。

また、社員同士が、仕事のために情報交換できるよう、ネットワーク環境を整え、自宅や避難所でも仕事ができるようにしておきましょう。

そうしておくことで、地震時の被害を最小限にとどめることができます。


Category: トレンド, 経営

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2018年1月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031