連休が、終わりました。

今年は、飛び石で、10連休にするには、2日間の有給休暇取得が必要になります。

しかし、日本では、有給休暇の取得率が欧米と比べ、低い水準にとどまっています。

有給休暇取得率を、会社ごとに報告義務を与え、低い場合は、税の優遇などの報酬、逆に追徴課税するなど、政府主導で推進できないでしょうか。

日本人は、職場が休みにくい雰囲気がある、休むと他人に迷惑がかかる、などを有給休暇を取得しない理由に挙げています。

これは、俗人的業務が多く、仕事の割り当てに問題があるように思います。

ワークシェリングと言う発想が、欧州では、浸透しています。

2人の仕事を3人で分担する、などすれば、労働時間の短縮と雇用拡大の両立ができます。

おおいに、議論されてしかるべき内容と思います。

 

 

 

 

 

 


Category: トレンド, 社会

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2018年2月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728