バランススコアカードの基本モデル

  1. 従来、事業の業績は主として財務の視点から評価されてきた。しかし、事業活動を、財務だけではなく、他の視点からも評価し、バランスがとれた事業運営をしていくために、戦略的経営システムとしてバランススコアカードが考案された。「ビジョンと戦略」を明確にした上で、「顧客」「学習と成長」「社内ビジネスプロセス」「財務」の4つの視点から、事業活動を定量的に見えるようにして、それを改善させるように運用していく。

    (1)顧客の視点

    顧客に対して、どのように行動すべきか?

    (2)学習と成長の視点

    どのように変化と改善ができる能力を維持するか?

    (3)社内ビジネスプロセスの視点

    どのようなビジネスプロセスに秀でるべきか?

    (4)財務の視点

    株主に対して、どのように行動すべきか?

    なお、会社や事業の状況によっては、上記4つの視点以外にも視点を加えるなどのカスタマイズも可能である。
    市場差別化要因・戦略

    バランススコアカードを作成するためには、まず、ビジョンと戦略を明確にする必要がある。ビジョンとは目指すべきゴールであり、その会社のミッション(存在意義・事業領域)やバリュー(行動規範・価値観)と密接に関わっている。まず、会社で誰に対して何をやり、結果としてどう利益を上げていくか、ということである。

    ビジョンを明確にした上で、市場差別化要因・戦略の抽出を行う。以下のプロセスがある。
    (1)市場構造の分析

    ・業界構造・競争のルールの分析
    ・顧客・市場ニーズの動向の分析
    ・政治・経済動向の分析

    (2)競合の分析
    競合会社の「強み」「弱み」「戦略」「現状」の分析

    (3)重要成功要因の抽出
    ・市場における成功要因
    ・他社を打ち負かす要因

    (4)自社企業力の分析(企業理念の確認をした上で
    ・経営資源
    ・市場での位置
    ・「強み」「弱み」

    (5)市場差別化要因・戦略の抽出

    導入ステップバランススコアカードの導入ステップは以下のようである。
    (1)ステップ1
    試行導入対象を選ぶ。この際、戦略推進の規範となるような対象、組織図ではなく「事業」を選択する。

    (2)ステップ2
    業績評価指標を設定する。

    (3)ステップ3
    バランススコアカードを作成する。

    (4)ステップ4
    事後検証を行う

    バランススコアカードは以下のようなサイクルで運用する。

    (1)業績検討会(3月上旬~下旬)
    (2)四半期予算会議(四半期毎に、業績についてバランススコアカードに沿って進捗を説明)
    (3)バランススコアカードの見直し・方針策定(1~2月)
       運用実績と実績見込みをもとに、指標の入れ替え、指標間の重み付け等のバランススコアカード修正案を作成する。
    (4)年間実績見込み業績検討会(3月)
    バランススコアカードを使って、1年の業績を説明し、あわせて来期のバランススコアカードの指標やバランス計算方法について合意を得る。

    発展モデルと指標例
    バランススコアカードの発展モデルと指標例を示す
    (1)下部組織業務プロセス(指標例:学習と成長 研修参加率○%アップ ○○資格保有者○人 等々)
    (2)部レベル(指標例:業務プロセス 納入期間○%短縮 在庫売上回転率○%アップ 等々)
    (3)事業部レベル(指標例:顧客 顧客満足度○%アップ 見込み客数・得意客数○%アップ 等々)
    (4)全社レベル(指標例:財務 売上高営業利益率○%アップ 自己資本比率○%アップ 等々)

    バランススコアカードの概要図。クリックで拡大表示。


    バランススコアカード

    参考文献:「バランススコアカード導入ハンドブック」(吉川武男・ベリングポイント著 東洋経済新報社)

    下記クリックで購入できます。


Comments are closed.

/*

Calendar

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

*/