フォルクスワーゲンが、米国の排ガス期性をパスするため、不正なソフトを使っていたとのこと。

正直、びっくりしました。

ドイツと言う国は、質実剛健、不正などしない国だと思っていたからです。

今回の事件で、そんなイメージは大きくダウンし、フォルクスワーゲン社だけでなく、ドイツ製品全体への不信感を募らせるものです。

しかし、普通に考えれば、あってはならないことだし、してはいけないこと。

まさか日本メーカーはやっていない、と思いますが。

やはり、世界市場でシェアを伸ばしたい一心で、やってしまったことでしょう。

それだけ、競争が激しい市場なのです。

しかし、ルール違反は許されません。

市場から、それなりの制裁を受けて然るべきことです。


Category: 経営, 社会

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2018年1月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031