今年は、どんな年になるのでしょう。

日本経済は、回復に向かうのか。

高齢化や非正規雇用者の増大で、従来の経済モデルでは、解決できない構造的な問題が潜んでいます。

従って、今の経済政策では、効果は限定的になると思います。

むしろ、正規労働者と非正規労働者の間で、格差を助長することになるでしょう。

また、高齢化に伴う社会コストも増大する一方であり、政府の経済負担が増し、国としての財務状況が更に悪化し、日本自体の国力弱体化に向かうことになります。

小手先の経済政策ではなく、もっと構造的で本質に迫る課題への国を挙げての解決をしていかなくてはなりません。


Category: トレンド, 経済

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2018年1月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031