東芝が7000億あまりの巨額赤字。

シャープは、台湾企業に買収。

どうも、日本の製造業が厳しいようです。

ソニーも、稼ぎ頭が金融事業になってしまっています。

かろうじて、元気が良さそうなのはパナソニックくらいでしょうか。

これも、コンシューマ向けより、法人向けにシフトしてきているようです。

電気自動車用の電池とか、太陽光発電とか。

パナソニックは、テスラモーターズなど米国企業と組んでいます。

この辺がヒントでは。

IT系では、米国にやられっぱなし。

しかし、今後、IoTやロボットなど、ITとリアル製品の結合が起こってきます。

米国のITジャイアントと日本のメーカーが組んで世界市場に出ることは、十分に可能性があると思います。

グーグルとソニー、IBMとパナソニックなどの組み合わせ。

ロボットなど、精密機器は日本の得意とするところ。

1社ですべてをやるのではなく、グローバル規模での協業が、日本のメーカーが生き残る道かも知れません。


About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2018年1月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031