アベノミクス。

2%の物価上昇を目標として掲げている。
デフレスパイラルからの脱出を目指しているのだろうが、果たして効果は?

物価が上がれば、給料も上がるだろう、と言う発想だろうが、そんなに単純なものではないだろう。

日本企業は、完全に守りに入っており、仮に売上が上がったところで、給与へは、反映されず、企業体質強化の方向に向かうだろう。

シャープやパナソニックのようにはなりたくないだろうから。

結果、物価が上がっても、給料は上がらず、さらに会社員は厳しい生活へ。

その状態になるくらいだったら、物価自体、上げられないはず。

物価上昇ではなく、賃金上昇目標を2%に設定すべき。

そうすれば、少しは消費者の財布の紐も緩み、物価もあがるだろう。


Category: 経済

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031