日本の農地は、農家毎に小規模に分散され、生産性を上げるための、大規模農業に向かない構造になっています。
しかし、TPPや、農家自体の後継者不足などの環境変化により、農地改革の機運が高まってきています。
農地を集積して、企業が運営するようになれば、新たな雇用も生まれ、日本の農業の競争力を増すことにもなります。
サラリーマンが農業をする、そんな時代の到来を予感させます。


Category: トレンド, 経済

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031