最近、温泉街が元気ないようです。

鬼怒川あたりは、温泉宿自体が廃業してしまい、寒々しくなっているとか。

企業の団体客が減り、今のままでは、せっかくの温泉街も廃れる一方です。

利用者のライフスタイルが変わってしまったので、それにあわせるしかないでしょう。 温

泉に行きたい人は潜在的には多いはずなので、もっと気軽に安く利用できるようにしていくことが必要です。

1泊2日で、1~2万円もするので、ここはコストを抑えて、1万円以下に。

食べ物や飲み物を持ち込み可にして、温泉は温泉サービスに特化。

オプションで、宴会プランなどをつけるようにしてはどうでしょうか?


Category: 経済

About the Author


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Calendar

2018年1月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031