財務諸表をせっかく作成しているのだから、財務分析をしておきたい。経営指標自体は簡単な計算式で求められる。

 (1)どんぶり勘定では、いつの日にか破綻をきたす。財務状況の経年変化や、同業他社との比較において、財務の安全性、収益性等をチェックしておく必要がある。
(2)必要なのは、直近2期程度の「損益計算書」「貸借対照表」である。
(3)上記の数字から、以下のような指標を算出し、分析する。
・総合収益性(総資本営業利益率・総資本当期純利益率(ROA)・自己資本当期純利益率(ROE) 等)
・売上高利益分析(売上高総利益率・売上高営業利益率・売上高対労務比率 等)
・回転率・回転期間分析(総資本回転率・固定資産回転率・売掛金回転期間・棚卸資産回転期間 等)
・短期支払能力分析(流動比率・当座比率 等)
・資本の安定性分析(自己資本比率・負債比率 等)
・その他(営業・投資キャッシュフロー・労働分配率 等)
(4)上記のような経営指標を算出(エクセル等で簡単に算出できる)し、分析する。
(5)分析する際に有用なのは、前期と当期の比較と同業他社との比較である。

同業他社との比較には、「中小企業の財務指標」(中小企業診断協会発行・同友館発売)が有効である。


Comments are closed.

/*

Calendar

2017年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

*/