勤めたまま起業準備する

起業するのは、リスクがあり、不安なものです。収入がなくなるかも知れませんからね。

でも、起業準備は、勤めていても可能です。テーマを考えたり、コンセプトを決めたり、簡単な市場調査をしたり。

そうしていると、だんだん、本気モードに変わってきます。そうなったら、具体的な行動をしてみましょう。ブログを立ち上げたり、起業アイディアを人に話たり。

小さくても良いので、リアルなビジネスができると良いですね。それができたら、独立の目が出てきます。でも、食えそうにない、と思ったら、無理に勤めを辞めて、収入を絶つ必要はありません。

起業は臆病なくらいで良いのです。おそるおそるやってみて、うまく行くパターンを探してみましょう。そんな時期も必要です。

自分の稼げるパターンが見えてきて、わずかでも収入が得られるのなら、本格的な起業をしても良いタイミングです。そこで、起業計画を立てましょう。スケジュールやら、タスクやら。気がついたら、起業している自分がいるのです。

7 pages